iPhoneを4.3.3にアップデートしようとiTunesにつなぎ作業開始。
iPhoneは脱獄済みの4.2.1。
4.3.3でも脱獄出来るので、新しくしておこうと気軽な気持ちで始めた。
プログレスバーは普通に進行し、最後まで行ったところでエラーが発生。
「原因不明のエラー 1013」とのこと。
何度か試してみたけどやはり同じ状況。
まぁいいか、現状に何ら不都合がある訳ではないので「アップデート中止」と思ってiPhoneの接続を外して異変に気づく。
iPhoneがリカバリモードから復帰出来ない。

通常は電源ボタンをホームボタンの長押しによるリセットで復帰するらしいが全く受け付けない。ここで一旦タイムリミット出勤時間がやってきた。
仕方なくリカバリモードの画面を映し出すだけの機械と化した全くの役立たずを持って出勤。

職場で少し検索。
いくつか情報は得たが、Recbootというアプリを使って強制的にリカバリモードから脱出出来るらしい。
な〜んだとちょっと安堵。
というのもRecbootは別の用途で既にDL済み。家に帰ったら試してみようということでMacにiPhoneをつなぎ、Recbootを起動。そしてExit Recoveryボタンをクリック。
お!何か進行している。

ダメだった。

iTunesからは「リカバリモードのiPhoneが見つかりました」とか何とか・・・
何度やってもも一緒。

更に調べを進めると、意外にも答えはAppleのサイトで見つかった。
どうやら、不正な改造を施したiPhoneに発生する可能性のある症状らしい。
以下アップルのサイトより引用。

「hosts」ファイルにより iTunes Store が遮断されている場合もあります。

  1. 「アプリケーション」>「ユーティリティ」にある「ターミナル」ユーティリティを起動します。
  2. 「ターミナル」が起動したら、以下のコマンドを入力し「return」キーを押して「hosts」ファイルを開きます。
    sudo nano /private/etc/hosts
  3. 入力を促すメッセージが表示されたら、お使いのユーザのパスワードを入力します。
    注意:これには、非ブランク管理パスワード が必要です。
  4. 「hosts」ファイルを編集します。
    「hosts」ファイルには、いくつかのコメント行 (# で始まる行) やデフォルトのホスト名のマッピング (たとえば 127.0.0.1 – localhost) が含まれます。
    矢印キーを使ってファイル内を移動できます。
  5. apple.com を含むエントリーが見つかったら、その行の先頭に「#」とスペースを追加します。
    注意:業務用コンピュータの場合は、「hosts」ファイルを使って、ソフトウェアアップデートのようなローカルリソースにリダイレクトさせている場合があります。サポート担当者に相談してください。
  6. 「hosts」ファイルを保存します。
    ・「hosts」ファイルの編集が終わったら、「control」キーを押しながら「O」キーを押してファイルを保存します。
    ・ファイル名の入力を求めるプロンプトでは「return」キーを押し、次に「control」キーを押しながら「X」キーを押してエディタを終了します。

 

以上実施の上で、iTunesで再び「復元」ボタンを押す。
今度は問題も発生せず無事、4.3.3にアップデート完了。
で、性懲りもなく再び脱獄。
今回は、redsn0w_mac_0.9.6rc16を使用。
こちらは問題なく進行。
まずはCydiaを起動し、Aptbackupをダウンロード。
Restoreボタンをクリックで以前の状態が復元された。


Trackback

2 comments untill now

  1. こんにちわ、3GS脱獄計画中の者です。
    脱獄されたのは3GSのipnoneなんでしょうか?
    いろいろ調べていると、その場合ファームウエアは6.15.0?とかになってると思うのですが、どうでしょうか?
    それと、GPSは機能していますでしょうか?
    教えてください。よろしくお願いします。
    こちらのiphoneは、3GSの新BOOTROMのiOS 4.3.3 FW 05.16.02 です・・・・

  2. こちらはiPhone4なので当てはまらないと思いますが、ファームウェアは04.10.01。
    GPSも問題なく機能しています。

Add your comment now